一日千秋

「一日千秋」1話ネタバレ!【5回目の人工授精で】

更新日:

「一日千秋」1話ネタバレ!【5回目の人工授精で】
一日千秋

 

こんにちは^^

 

セックスすれば、子供なんてすぐできると思っていた。

 

34歳・結婚7年目の翔子は、不妊に悩んでいました。

 

森脇葵「一日千秋」

 

夫と2人、辛い治療に励む翔子。

 

しかし子供はできず、姑からの電話攻撃に耐える日々が続いていました。

 

ネタバレ読む前に↓

<<無料試し読みはこちらから>>

「一日千秋(いちじつせんしゅう)」で検索してみてください^^

 

「一日千秋」1話あらすじ

 

あらすじ子
ヒロイン・翔子は34歳、結婚7年目。子供好きな夫のために不妊治療に挑んでいましたが、なかなか妊娠できず、苦しい日々を送っていました。そんな中、会社の後輩が望まない妊娠をしたことを知り・・・?

 

「一日千秋」は、まんが王国にて独占先行配信中

分冊版なら、1話150円から読むことができます^^

↓どこよりも早く読むにはこちらから↓

→まんが王国

「いちじつせんしゅう」で検索してみてください^^

 

「一日千秋」1話ネタバレ!

一日千秋

 

ネタバレ子
これが最後のチャンスだと、5回目の人工授精に挑んだ翔子。そんな中、会社の後輩が望まない妊娠をしたことを知ります。つわりで苦しむその様子さえ、羨ましいと思う翔子でしたが・・・?

 

夫の精子を胸に挟み

 

主人公・翔子は34歳。

 

結婚7年目の、共働き夫婦です。

 

彼女は今、夫とともに、不妊治療に挑んでいました。

 

今日も胸の間に夫の精子を挟み、電車に乗った翔子。

 

今日は彼女にとって、5回目となる人工授精の日でした。

 

別に生理不順でもなく、大きな病気もしたことがない。

 

そんな自分が「不妊」だなんて、信じられなかった翔子。

 

しかし5回目となる人工授精は、彼女にとって最後のチャンスでした。

 

体の負担と経済的な理由から、体外受精はしないと決めていた翔子夫婦。

 

(どうかどうか、めぐりあって!!)

 

治療の後、お腹をさすりながら、翔子は祈るように呟きます。

 

 

後輩の妊娠

 

治療を終え、少し遅れて出社した翔子。

 

しかし後輩の茜に、いきなりトイレに呼び出されます。

 

そこで見せられたのは、「陽性」が出た妊娠検査薬。

 

(初めて生で見た)と驚く翔子に、茜は「これって妊娠してるってことですか?」と尋ねます。

 

「うわあ〜やっぱりかあ〜〜」

 

頭を抱え、困り果てる茜。

 

「なんとなくそんな気がしてやってみたんです」

 

「あちゃー、大失敗!」

 

頭を掻きながら笑う茜は、事もあろうに、「じゃ、最後の一本吸ってきます」とタバコを吸いに行こうとします!

 

慌てて茜を止め、お腹の命を大事にするよう諭す翔子。

 

しかし茜は、「大丈夫ですよ、生でやりまくれば子供なんてすぐにできますから!」と笑いながら去っていきます。

 

その日の帰り道、夫と待ち合わせ、食事に出かけた翔子。

 

自分が気にしているからか、街には妊婦が溢れているように思えます。

 

夫は翔子を大切に思い、治療に対する理解もありました。

 

彼が子供が好きなことを知っていた翔子は、夫のためにも、子供が欲しかったのです。

 

しかしそんな彼女の元に、週に一度の義母からの電話がかかってきます。

 

それは早く妊娠氏という、催促の電話。

 

今日は外食だという翔子を責め、最後はお決まりのこのセリフ。

 

「あなたたち、子供の作り方知ってるの?」

 

笑いながら受け流す翔子を見かね、電話を代わった夫。

 

彼は「じゃあもう切るから」と、母からの電話を早々に切り上げます。

 

待ち焦がれた「妖精」

 

数日後。

 

「あれー・・・なんか先輩、胸大きくなってません?」

 

会社で茜に突っ込まれ、驚く翔子。

 

そういえば、味の好みが変わったような気がする。

 

足の付け根も痛いし、胸も確かに大きくなった気がする。

 

「もしかして、妊娠してんじゃないですか?なんちゃってー」

 

茜の軽い言葉に、翔子の胸は高鳴ります。

 

だけど今まで、期待しては裏切られ・・・を繰り返してきた翔子。

 

彼女は自分が傷つかないため、心に保険をかけていました。

 

ダメだった時に落胆しないように、必死に自分を守っていた翔子。

 

しかし翌日。

 

いつもなら生理前、基礎体温が下がるこの時期。

 

体温は高いまま。

 

それを知った翔子は飛び起きて、妊娠検査薬を手に取ります。

 

トイレから出て「見たいけど見たくない!」と騒ぐ翔子。

 

そんな翔子に、夫は「一緒に見よう」と言ってくれます。

 

結果は陽性。

 

本来は生理予定日を1週間過ぎてからじゃないと、正確な結果は出せないけれど。

 

フライングなんだけど。

 

(妖精さんきたー!)

 

胸の中で涙を流し、喜ぶ翔子。

 

その後すぐに向かった病院で「妊娠の反応は出ている」と医師に告げられた翔子。

 

しかしまだ週数は早いので、来週再検査することになります。

 

浮き立つ心で、お腹の子供を思って過ごす翔子と夫。

 

そして次の検診。

 

「妊娠5週目なら、胎嚢が見えるかも!」と、ワクワクしながら検査台に登る翔子。

 

しかしカメラには、何も映りません。

 

素人目にはわからないのかな?と戸惑いながら、診察室に戻る翔子。

 

そこで医師から告げられたのは、本来あるはずのホルモン値がとても低いということ。

 

そして胎児が育たなかったり、子宮外妊娠の可能性もあるということだったのです・・・。

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「いちじつせんしゅう」で検索してみてください^^

 

 

「一日千秋」1話感想とその後の展開は?

一日千秋

 

感想娘
お腹の赤ちゃんが育たないという可能性に、戸惑う翔子。それでも夫と2人、奇跡を信じて待ちますが、待っていたのは残酷な結末でした。

 

生々しい内容です。

 

辛く苦しい不妊治療。

 

「生でセックスすれば子供なんてすぐできる」

 

私も若い頃は、確かにそう思っていました。

 

だけど現実は違うんです。

 

不妊は、今の時代どんな女性にも、とても身近な問題です。

 

妻を心から愛し、協力的な夫と人工授精に挑んだ翔子。

 

5回目の人工授精で、ついに子供ができた!と思った翔子ですが・・・

 

それは妊娠ではなく、ただの「遅過ぎた生理」でした。

 

流れ落ちる血液とともに、気力も流れ落ちた翔子。

 

彼女はこれを機に、一度治療を中断することを決意します。

 

この決断は、翔子夫妻に何をもたらすのでしょうか?

 

不妊治療中に思うこと、感じること。

 

無神経な他人の言葉に傷つく思い。

 

私も心当たりがあるので、とても心に刺さりました。

 

この後、翔子たちはどんな道を選ぶのか?

 

2巻以降も必見の内容です!

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「いちじつせんしゅう」で検索してみてください^^

 

好きな漫画を無料で読む方法♪

好きな漫画を無料で読む、裏ワザをお教えします!

 

【「まんが王国」で無料試し読み!】

 

月額制のコミックサイトなら、「まんが王国」が一番オススメ!

 

ここは女性向け漫画が特に豊富で、ここだけでしか読めない漫画や、人気作の先行配信も盛りだくさんです!

 

月額料金もひと月300円(税抜き)からと、意外とリーズナブル♪

試し読みは会員登録不要なので、タダでいろんな漫画を立ち読みすることができますよ〜!

<<まんが王国はこちらから>>

 

【U-NEXTで600円分の漫画を無料でゲット!】

最近人気の動画サイトですが、実は漫画も買えるってご存知でしたか?

 

特にオススメなのは、U-NEXT!

 

ここは月額1980円〜で利用できるんですが、「31日間無料」のトライアルを利用すると、600円分のポイントがもらえちゃうんです!

 

つまり無料で、600円分の漫画が読めるということ!

 

無料期間中に解約すれば、追加料金は一切かかりません。

 

とてもお得なので、使ってみないと損ですよ~♪

<<U-NEXTはこちらから>>

※こちらは2019年1月現在の情報となっています。
最新の情報は、U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

-一日千秋
-

Copyright© レディコミ大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.