ゴミ屋敷とトイプードルと私

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3ネタバレ!【裏アカで晒されて】

投稿日:

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3ネタバレ!【裏アカで晒されて】
ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー1

 

こんにちは^^

 

「港区会」の枕営業で、契約を取りまくっていたサヤ。

 

しかし裏アカで、売春行為を晒されてしまいます!

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3

 

裏アカ事件を機に、次々と契約を反故にされるサヤ。

 

仕事を失った彼女に、さらなる屈辱が訪れて・・・?

 

果たして、サヤの運命は!?

 

ネタバレ読む前に↓

→無料試し読みはこちらから

「ゴミ屋敷」で検索してみてください^^

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3」あらすじ

 

あらすじ子
裏アカで枕営業を晒され、サヤのアカウントは炎上。しかし今までにないフォロワーの数に、サヤは快感を覚えます。しかしそのことで、彼女は会社で信用を失って・・・?

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」を無料で試し読み♪

 

SNSにハマる勘違い女の破滅を描いた

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」

 

この漫画、スマホで無料立ち読みできるんです!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

レディコミ読むならここ!と断言できる充実ぶりです^^

 

少女漫画や青年漫画、オトナ向けの漫画まで、種類も豊富で楽しめますよ♪

 

試し読みは会員登録不要ですし、お金もかからないので、一度使ってみてくださいね^^

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「ゴミ屋敷」で検索してみてください^^

 

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3」ネタバレ!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー1

 

ネタバレ子
翌日には裏アカは消され、平穏を取り戻したかのように見えたサヤの周囲。しかし枕営業でとったはずの契約が、次々に反故にされていきます!

 

「見ているよ」

 

「どうして、どうして・・・」

 

スマホを握りしめ、自宅に戻ったサヤ。

 

彼女の裏アカには、港区会のおじさま達とホテルに向かう、赤裸々な姿が載せられていました。

 

次々につけられる、炎上のコメント。

 

「いやあっ!!」

 

顔写真まで載ったそのアカウントに、思わず悲鳴をあげるサヤ。

 

「誰、誰があんな写真・・・」

 

「誰だよ、クソッ!!」

 

バスルームでもスマホを握り、犯人探しをするサヤ。

 

その時彼女の脳裏に、SNS絡みで会社を去った元先輩・明日香の笑顔が浮かびます。

 

(まさかあの女・・・?)

 

(今更なんで!?)

 

あの女だったらやりかねない。だけど証拠がない。

 

手詰まりになり、頭を抱えるサヤ。

 

しかし。

 

(だけど・・・この数字。)

 

見たこともないフォロワー数に、サヤの胸は高鳴ります。

 

(こんなにたくさんの人間があたしに注目してる)

 

(あたし、見られてる)

 

(気持ちイイ〜〜)

 

思わずバスタブの中で、自慰に耽るサヤ。

 

「見られている」快感は、彼女にとって、全てに勝るエクスタシーでした。

 

やり逃げされた!

 

しかし、翌朝。

 

いつも通り出社したサヤを、上司が怒鳴りつけます。

 

「西村くん、どういうことだね!」

 

「R化粧品からキャンセルの電話が入ったぞ!」

 

それはサヤが枕営業で契約をとった、化粧品のCM制作の仕事。

 

「契約書はないのか?」という上司の問いに、きょとんとするサヤ。

 

それを見た上司は、サヤがとった全ての契約を確認するよう、彼女にいいつけます。

 

慌てて取引先に電話するサヤ。

 

しかし全て、「そんな話は聞いていない」の一点張り。

 

結局サヤがとってきた契約は、1つも仕事になりませんでした。

 

(全滅!?)

 

(まさか・・・やり逃げされた!?)

 

「これはどういうことだね?」と、サヤを問い詰める上司。

 

青ざめたサヤはそれでも、「何かの間違いですから!」と、オフィスを飛び出します。

 

向かったのは、港区会で出会った、某会社の専務。

 

受付嬢に「専務に会わせて!」と詰め寄るサヤ。

 

しかし専務は会議中、と申し出を断られ、サヤは激昂します。

 

その時。

 

会議を終え、受付の前を通りかかった専務。

 

その姿を見たサヤは、いつものように猫なで声を出しながら、専務にすり寄ります。

 

呼んであげないよ

 

「専務〜♪」

 

「ウソでしょう、キャンセルなんて!」

 

「約束したじゃないですかぁ〜」

 

専務にすり寄り、甘い声を出すサヤ。

 

しかしそんな彼女に、専務は冷たい視線を投げます。

 

「誰に向かって口を聞いているのかね?」

 

その態度にびくりとし、凍りつくサヤ。

 

そして専務はサヤに、「君さあ、まだ僕らの仲間でいたいんでしょ?」と言い放ちます。

 

「だったら僕らに気に入ってもらわなきゃでしょ、何この態度?」

 

「もう呼んであげないよ。」

 

下卑た笑みを浮かべる、専務の冷たい視線。

 

そして結局、サヤがとってきた契約は、1つも仕事になりませんでした。

 

電話番に回されたサヤをあざ笑う、営業の社員たち。

 

そしてサヤの後、仕事を任された派遣の中山が、成績トップの座に輝きます。

 

そしてサヤは、憧れのフォトスタグラマー「misaki」に相談するため、彼女に直接連絡を取ろうとするのですが・・・?

 

→無料試し読みはこちらから

「ゴミ屋敷」で検索してみてください^^

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3」感想とその後の展開は?

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー1

 

感想娘
仕事の契約を全て反故にされ、会社での立場をなくしたサヤ。そして彼女の代わりに仕事を任された中山が、成績トップの座につきます。

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」、お待ちかねの第3話です!

 

裏アカで枕営業を晒されたことで、会社での立場をなくしたサヤ。

 

しかも今までとってきた契約は、全て口約束だけのもの。

 

契約書一枚なかった「仕事」は、全て反故にされ、彼女は営業の仕事から外されてしまいます。

 

しかし契約書一枚交わしていなかったとは、何をもって「契約をとった」と言っていたのか・・・。

 

いくらなんでもひどいよなあ、と思います。

 

港区会でおじさまたちと寝ることで、自分もセレブの一員になったと勘違いしていたサヤ。

 

3話では、その化けの皮が、次々と剥がされていきます。

 

そしてサヤの代わりに、成績一位に輝いた派遣の中山。

 

「打ち合わせがあるから」と、サヤに書類の入力を任せようとした中山に、サヤは思わず暴言を吐いてしまいます!

 

そんなサヤに降り注ぐ、周囲の冷たい視線。

 

さらに元婚約者の徳井が、中山に言い寄っているのを見てしまったサヤは・・・?

 

続き物ということで、サヤの闇落ちっぷりが、かなりじっくりと描かれています。

 

これは続きが楽しみ!

 

前作の主人公・明日香はどこかで絡んでくるのか?

 

そして裏アカを作った犯人の正体は?

 

3話終盤で、サヤはついに恐ろしい行動に出てしまいます!

 

SNSに狂った女の末路、ぜひじっくりと見届けてくださいね^^

 

この「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー3」は、1話50円〜で読むことができます。

 

ポイントが余った時など、気軽に読めるお値段です。

 

なかなかすごい展開ですが(笑)、ぜひお手にとってみてくださいね^^

 

→無料試し読みはこちらから

「ゴミ屋敷」で検索してみてください^^

スマホで漫画を無料立ち読み!

 

スマホで漫画を無料立ち読み♪

「声なきものの唄」「美醜の大地」など、女性向け漫画がスマホで立ち読みできます!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

育児系漫画や青年漫画、ちょっとオトナな漫画など、種類もとても豊富です。

 

試し読みはとっても簡単♪

 

1・「まんが王国」をクリック!

 

2・画面上部の検索窓に、読みたい漫画のタイトルを入力!


↑ココに入力します↑

 

3・「無料試し読み」ボタンを押すと、無料で試し読みができます^^


↑このボタンをクリック!

 

中には、期間限定で「無料でじっくり試し読み」になっているものもあります。

 

これだと、モノによっては「1冊まるごと無料」で読めたりするので、すっごくお得なんです!

 

とはいえ、いきなり有料というのもハードルが高いので、まずは無料の試し読みから♪

 

家事や育児の合間、休憩時間など、息抜きにぴったりですよ♪

 

楽しいので、ぜひ使ってみてくださいね^^

 

-ゴミ屋敷とトイプードルと私
-

Copyright© レディコミ大好き! , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.