おばさんSNS中毒

「おばさんSNS中毒」1話ネタバレ!【キラキラ女子の闇】

投稿日:

「おばさんSNS中毒」1話ネタバレ!【キラキラ女子の闇】
おばさんSNS中毒

 

こんにちは^^

 

SNSで、セレブ生活をアップし続けていた女性。

 

しかし彼女に虚言癖があることを知る同級生に、容赦ないツッコミを入れられます。

 

「おばさんSNS中毒」

 

1話目に収録された「キラキラ女子の闇」。

 

30歳を過ぎても、ブランドものに身を包み、高級車を乗り回し、タワマン住まいを自慢していた美都子。

 

SNSでセレブ生活を発信していた彼女ですが、その実態は意外すぎるものでした。

 

ネタバレ読む前に↓

→無料試し読みはこちらから

「おばさん」で検索してみてください^^

 

「おばさんSNS中毒」1話あらすじ

 

あらすじ子
高校時代から虚言癖があり、自慢話ばかりしていた美都子。しかしこの話の主人公・菜緒の細かいツッコミで、嘘がバレてしまった過去がありました。やがて36歳になった菜緒は、同級会で美都子と再会します。

 

「おばさんSNS中毒」を無料で試し読み!

 

 

SNSにハマる身勝手な女性を描いた「おばさんSNS中毒」

 

この漫画、スマホやパソコンで無料立ち読みできるんです!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

少女漫画や青年漫画、オトナ向けの漫画まで、種類も豊富で楽しめます♪

 

試し読みは会員登録不要ですし、お金もかからないので、一度使ってみてくださいね^^

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「おばさん」で検索してみてください^^

 

 

「おばさんSNS中毒」1話ネタバレ!

おばさんSNS中毒

 

ネタバレ子
高校時代から虚言癖があった美都子。彼女は36歳になった今も、自分のセレブな生活をSNSにアップしていました。フォロワー数は5000人。そんな美都子と、同級会で再会した菜緒でしたが・・・?

 

美都子のマウンティング

 

主人公・菜緒は36歳。

 

結婚し、上京して10年。

 

夫と小学生の息子と共に、郊外に家を建てて生活していました。

 

そんな菜緒のもとにある日、高校の同級生から電話がかかってきます。

 

「そろそろ同窓会でもしようって話になってるんだよ〜」

 

久々の友人からの電話に、盛り上がる菜緒。

 

やがて話は、かつての同級生・美都子のことに移っていきます。

 

数年前に上京したらしい、という美都子。

 

しかし彼女は昔から、少し変なところがありました。

 

中高の同級生で、やたらとプライドが高く、今でいうマウンティングの激しい子だった美都子。

 

彼女は何かにつけ、自分の家の自慢ばかりしていました。

 

夏休みが終わり、休みの間どこに行った?という話で盛り上がる同級生たち。

 

「うち、実はグアム行ったんだ!」という友人の言葉に盛り上がる菜緒たちでしたが、そこに美都子が割り込んできます。

 

「うちはハワイ行ったよ!」

 

「ホノルルと〜ワイキキ止まって1週間くらいいたかな〜」

 

「実は毎年行ってるんだよ」

 

「もう飽きたから、来年はヨーロッパにしてって言ってるんだ〜」

 

自慢げに話す美都子に、盛り上がる友人たち。

 

しかし菜緒は、その話に違和感を感じてしまいます。

 

虚言癖

 

(あれ・・・でもワイキキってホノルル市内じゃ?)

 

その他にも、美都子のお金持ちエピソードは色々ありました。

 

家には車が3台あり、全部外車。

 

ピアノやバレエを東京まで習いに行っている。

 

そして自宅は大きくて、門や玄関まで距離があり、森の中に住んでいる。

 

しかし細かいことが気になってしまう性格の菜緒は、美都子のセレブな自慢話に、ちょいちょいツッコミを入れるようになります。

 

そんな菜緒に、怒りを見せる美都子。

 

しかしやがて友人たちも、美都子の虚言癖に気づき、彼女はだんだん相手にされなくなります。

 

(あの美都子が東京に来てるのかあ)

 

(今何やってるんだろ、結婚してるのかな)

 

その頃、SNSをはじめていた菜緒。

 

友人のアカウントを見つけると連絡をとったりしていた彼女は、美都子の名前を検索してみます。

 

するとそこにあったのは、本名でSNSに登録し、「高収入OL」と称するアカウント。

 

六本木のタワマンに住み、銀座やスパに通う日々。

 

さらに独身だけど、高級車を乗り回す彼氏がいて、男には不自由していない。

 

どこまでの華やかなそのSNSに、菜緒は驚きを隠せません。

 

同窓会

 

しかしやがて、菜緒の頭に再び疑問が浮かんで来ます。

 

(ちょっとすごすぎない?)

 

(あの美都子がこんなになる?)

 

地元の友達に連絡してみても、皆SNSの内容を信じ込んでいる様子。

 

だけど青山や六本木、銀座など、誰でも知っているよう地名しか出てこないし、写真も具体的なものはなく、建物の外観ばかり。

 

モヤモヤする菜緒ですが、やがて同窓会の案内が届きます。

 

(直接会えば真相もわかるかも?)

 

そして、同窓会当日。

 

会場に向かった菜緒を待っていたのは、ブランド物に身を包み、男性たちに囲まれる美都子の姿でした。

 

再会を喜び、美都子に声をかける菜緒。

 

しかし美都子は「どなたでしたっけ?」と不思議顔。

 

さらに彼女は、自分の名前を告げる菜緒に、暴言を吐いてきます。

 

「あ〜、いたいた」

 

「なんかやけにダサいと思ったら、あの菜緒だったかあ」

 

さらに美都子は、菜緒の服装や家の場所、夫の収入のことまでバカにしてきます。

 

あまりのことに、怒りを抑えきれない菜緒でしたが・・・?

 

→無料試し読みはこちらから

「おばさん」で検索してみてください^^

 

「おばさんSNS中毒」1話感想とその後の展開は?

おばさんSNS中毒

 

感想娘
昔から虚言癖があった美都子。しかし大人になった今、彼女は「高収入OL」として、SNSで人気を誇っていました。しかし同窓会でバカにされ、怒った菜緒は、美都子のアラ探しを始めます。

 

SNSにハマる女たちを描いた「おばさんSNS中毒」。

 

1話目は、セレブ生活をアップし、SNSで人気を誇る独身女性を描いています。

 

東京の郊外に住む普通の主婦・菜緒。

 

彼女には、昔から虚言癖のある、美都子という同級生がいました。

 

しかし久々に同窓会で再会した美都子は、自らを「高収入OL」と称し、セレブな生活をSNSにアップすることで人気を博していました。

 

かつて菜緒に細かいツッコミをされ、嘘がバレていた美都子。

 

彼女はここぞとばかりに、皆の前で菜緒のことをバカにします!

 

友人たちも美都子のことを信じきっていたため、誰にも庇ってもらえず、嫌な思いをした菜緒。

 

その後怒りがおさまらない彼女は、美都子のウソを暴こうと、彼女のSNSにかじりつきます。

 

しかし途中で我に帰り、そのまま美都子のことなど忘れてしまうのですが・・・?

 

36歳という年齢になっても、見栄っ張りがやめられなかった美都子。

 

彼女のセレブ生活は、やはり嘘で塗り固められたものでした。

 

しかしそんな生活は、ある事件で唐突に幕をおろします。

 

セレブ生活に憧れる女性と、そんな彼女をチヤホヤするファンたち。

 

正直、私にはよくわからない世界ですが、無理な背伸びはどこかで破綻するものなんですよね。

 

SNSが注目されている今の時代、こういう風に追い詰められる人は多いのでしょうか?

 

ウソは身を滅ぼす。

 

昔の人の金言は、やっぱりその通りなんだなあと思いました。

 

→無料試し読みはこちらから

「おばさん」で検索してみてください^^

スマホで漫画を無料立ち読み!

 

スマホで漫画を無料立ち読み♪

「声なきものの唄」「美醜の大地」など、女性向け漫画がスマホで立ち読みできます!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

育児系漫画や青年漫画、ちょっとオトナな漫画など、種類もとても豊富です。

 

試し読みはとっても簡単♪

 

1・「まんが王国」をクリック!

 

2・画面上部の検索窓に、読みたい漫画のタイトルを入力!


↑ココに入力します↑

 

3・「無料試し読み」ボタンを押すと、無料で試し読みができます^^


↑このボタンをクリック!

 

中には、期間限定で「無料でじっくり試し読み」になっているものもあります。

 

これだと、モノによっては「1冊まるごと無料」で読めたりするので、すっごくお得なんです!

 

とはいえ、いきなり有料というのもハードルが高いので、まずは無料の試し読みから♪

 

家事や育児の合間、休憩時間など、息抜きにぴったりですよ♪

 

楽しいので、ぜひ使ってみてくださいね^^

 

-おばさんSNS中毒
-,

Copyright© レディコミ大好き! , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.