赤線母娘~売春街に生きて~

「赤線母娘~売春街に生きて~」ネタバレ!【実の母に客をとらされて】

投稿日:

「赤線母娘~売春街に生きて~」ネタバレ!【実の母に客をとらされて
「赤線母娘~売春街に生きて~」

 

こんにちは^^

 

戦後の貧しい時代。

 

売春婦の娘として生まれた夏美は、実の母に無理やり売春婦にされてしまいます。

 

汐見朝子「赤線母娘~売春街に生きて~」

 

 

「赤線」と呼ばれた地域で生きた夏美。

 

彼女は学校に通い、必死に未来を切り開こうとするのですが・・?

 

ネタバレ読む前に↓

<<無料試し読みはこちらから>>

「赤線母」で検索してみてください^^

 

「赤線母娘~売春街に生きて~」あらすじ

 

あらすじ子
戦後の貧しい時代。売春婦の母を持つ夏美は、母に愛された記憶もないまま、その日暮らしの日々を送っていました。やがて母とともに「赤線」地帯に移り住んだ夏美。彼女はそこで、学校に通い始めるのですが・・・?

 

「赤線母娘~売春街に生きて~」を無料で試し読み♪

 

とんでもなく悲惨な話が並ぶ「赤線母娘~売春街に生きて~」。

 

この漫画、スマホで無料立ち読みできるんです!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

特にレディコミ系の作品は、先行配信がとても多いので、

どこよりも早く、話題の作品を読むことができます!

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

少女漫画や青年漫画、オトナ向けの漫画まで、種類も豊富で楽しめますよ♪

 

試し読みは会員登録不要ですし、お金もかからないので、一度使ってみてくださいね^^

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「赤線母」で検索してみてください^^

 

「赤線母娘~売春街に生きて~」ネタバレ!

「赤線母娘~売春街に生きて~」

 

ネタバレ子
幼い頃から、母が体を売る場面をみてきた夏美。しかし彼女は、母親に愛されようと、必死に頑張っていました。やがて成長した夏美は、自分の未来のため、必死に勉強をかんばるのですが・・・

 

売春婦の娘

 

戦後まもない日本。

 

売春婦の娘として生まれた夏美は、小さな頃から、母が男たちに体を売る場面を見ながら育ってきました。

 

母が客を取っている間、小さな夏美は、押入れの中で指しゃぶりをしながら息を殺しています。

 

耐えきれず、くしゃみなどをして客に気づかれると、母は激怒。

 

馬乗りになって、夏美を殴りつけます。

 

「このドアホ!」

 

「夏美食わせるために、お母ちゃん、イヤイヤ商売しとるねんで!」

 

怒り狂う母に、泣きながら謝る夏美。

 

「夏美ええ子になる!」

 

「カンニンな、お母ちゃん・・・」

 

やがて夏美と母は、戦争が終わったのをきっかけに、大阪の某新地へ移り住みます。

 

そこはいわゆる「赤線地帯」。

 

GHQにより、特別に売春が許可された地域でした。

 

赤線の子

 

夏美は成長し、学校に通う歳になっていました。

 

しかし母親は、

 

「学校出んでも、女売れば食えるわ」

 

「せやろ夏美!」

 

と、夏美を学校に行かせようとはしませんでした。

 

母に好かれるため、笑顔でうなずく夏美。

 

しかし生活は貧しく、夏美はいつもお腹をすかせていました。

 

母親が仕事の時は、外に遊びに出るよう、言いつけられた夏美。

 

空腹に耐えかねた夏美は、近くの饅頭屋で、盗みを働きます。

 

学校に行きたい

 

逃げる夏美を、一人の青年が受け止めます。

 

「盗みはいけないよ」

 

優しく夏美を諭し、青年は彼女に、饅頭を買ってあげます。

 

その青年は、近くの学校の教師でした。

 

「どうせ赤線の子だろう」と、眉をひそめる饅頭屋に、教師は、

 

「でも新地界隈は、ウチの校区だからね」

 

と言い、夏美に学校に来るようすすめます。

 

教科書は無償、さらにタダで給食も食べられる。

 

「給食が食べられれば、かっぱらいもしなくていいだろ?」

 

「勉強は面白いよ!いろんなことを知ると、世界が広がるんだ」

 

教師の言葉に、夏美は目を輝かせます。

 

しかし、母に売られて・・・

 

その日から、学校に通い始めた夏美。

 

夏美を学校に誘った教師の名は、青木と言いました。

 

しかし、学校に通いたい、という夏美に、母は激怒します。

 

「生意気ゆうて、穀潰しが!」

 

「ホンマこんなん産まんとけばよかったわ!」

 

しかし、どんなに母に殴られても、夏美はくじけませんでした。

 

(そんでもいったるねん)

 

やがて夏美は、小学校を終え、中学校に進学します。

 

そんなある日。

 

いつものように帰宅した夏美を、母が待っていました。

 

母の隣には、見知らぬ男性。

 

「ほう、この子か、ベッピンやのう」

 

笑う男性の肩を叩き、母は言います。

 

「旦那はん、初モンやで!バッチリ払うてや」

 

母の言葉の意味がわからず、キョトンとする夏美。

 

「仕事中か?ほなウチ、また外行くわ」

 

しかし母は夏美を呼び止め、「今度は夏美の番」と言います。

 

「ウチも年やし、これからはアンタにも頑張ってもらお思てな」

 

「お母ちゃん、何ゆうてんの?」

 

しかし戸惑う夏美の手を取り、男は、夏美を奥の部屋に押し込みます。

 

「やめて!お母ちゃん、ウチこんなんイヤや!」

 

「やめてぇ!」

 

しかし夏美はそのまま、客の男に無理やり抱かれてしまいます。

 

「ヒイッ!痛いいっ!」

 

「痛いよぉ!」

 

「助けてぇ・・・」

 

奥の部屋から響く夏美の叫び声を聴きながら、

 

母は一人、何食わぬ顔でタバコをふかすのです・・・

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「赤線母」で検索してみてください^^

 

 

 

「赤線母娘~売春街に生きて~」感想とその後の展開は?

「赤線母娘~売春街に生きて~」

 

感想娘
実の母に売られ、処女を失った夏美。彼女はそのまま、売春婦として働くよう、母に強要されます。母に憎まれたくない一心で、言いなりになる夏美。その日から、夏美は学校にも行けなくなってしまいます。

 

戦時中、売春婦の娘として生まれた夏美。

 

彼女は母に愛されるため、必死に生きてきました。

 

そんな夏美を変えたのは、一人の教師との出会い。

 

青木先生に会いたい一心で、夏美は一生懸命勉強するようになります。

 

しかし中学校に上がった夏美を、母は、自分と同じ売春婦にしてしまいます。

 

「初モノ」として、娘を高値で売った母。

 

大金を手にし、喜ぶ母を見て、

 

夏美はまたも「母に愛されたい」一心で、売春婦になることを受け入れてしまうのです。

 

体を売っていることを青木先生に知られたくなくて、学校にも行けなくなった夏美。

 

そんな夏美を、さらなる悲劇が襲います!

 

戦後の貧しい時代に生きた、悲しい少女の物語です。

 

実の娘を売るなんて、本当に信じられません。

 

このあと夏美を待つ、過酷な運命とは?

 

・・・とても悲しい話でした。

 

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「赤線母」で検索してみてください^^

スマホで漫画を無料立ち読み!

 

スマホで漫画を無料立ち読み♪

「声なきものの唄」「美醜の大地」など、女性向け漫画がスマホで立ち読みできます!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここは女性向け漫画も豊富だし、特にレディコミの種類の多さ、更新の速さはぶっちぎりの一番です!

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

育児系漫画や青年漫画、ちょっとオトナな漫画など、種類もとても豊富です。

 

試し読みはとっても簡単♪

 

1・「まんが王国」をクリック!

 

2・画面上部の検索窓に、読みたい漫画のタイトルを入力!


↑ココに入力します↑

 

3・「無料試し読み」ボタンを押すと、無料で試し読みができます^^


↑このボタンをクリック!

 

中には、期間限定で「無料でじっくり試し読み」になっているものもあります。

 

これだと、モノによっては「1冊まるごと無料」で読めたりするので、すっごくお得なんです!

 

とはいえ、いきなり有料というのもハードルが高いので、まずは無料の試し読みから♪

 

家事や育児の合間、休憩時間など、息抜きにぴったりですよ♪

 

楽しいので、ぜひ使ってみてくださいね^^

 

-赤線母娘~売春街に生きて~
-

Copyright© レディコミ大好き! , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.