ひめゆりの歌が聞こえる

【ひめゆりの歌が聞こえる】4話「ヨイトマケの唄」ネタバレ【娘のためにカラダを売る母】

更新日:

【ひめゆりの歌が聞こえる】4話「ヨイトマケの唄」ネタバレ【娘のためにカラダを売る母】
ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~

 

こんにちは^^

 

今日もカゲキな漫画を紹介します!

 

それがこちら、

「ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜」

 

この「ひめゆりの歌が聞こえる」は短編集になっています。

 

4話目に収録されている「ヨイトマケの唄」という話。

 

戦争で夫を亡くし、女手ひとつで娘を育てていた母。

 

可愛い子供のためにと、カラダを売ることも厭わなかった彼女ですが、

 

そのせいで、娘がイジメられていることを知り・・・

 

母の愛に、涙せずにはいられません。

 

感動的なストーリーです!

 

ネタバレ読む前に↓

「ひめゆりの歌が聞こえる」無料試し読みはこちらから

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」4話「ヨイトマケの唄」あらすじ

 

戦後。

 

主人公・トモ代は、戦争で夫を亡くし、女手ひとつで娘の淳子を育てていました。

 

トモ代にとって、淳子は生きがい。

 

しかし派手な化粧をし、小料理屋で、夜の仕事をするトモ代。

 

そんな彼女を、淳子の級友たちは「ケバケバお化け」と罵っていました。

 

だけどトモ代は、そんなことは気にしません。

 

今夜も淳子を家に残し、トモ代は勤め先の店に向かいます。

 

「ぽん太」は、一見小さな小料理屋ですが、

 

実は、トモ代はここで、常連相手にカラダを売っていました。

 

最初はイヤイヤだったけど、可愛い娘を飢えさせないため。

 

(女って、慣れるものね)

 

ナベさんに媚びを売り、今夜も小遣いをもらうトモ代。

 

酔いつぶれて帰ったその夜、トモ代は、もらったお金でブラウスを買いに行こうと、淳子に約束します。

 

土曜日。

 

買い物を終え、家に戻ったトモ代と淳子。

 

その時、トモ代の家の前で、1人彼女を待つ「ナベさん」の姿を見つけるのですが・・・

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」無料試し読みはこちらから

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」4話「ヨイトマケの唄」ネタバレ!

ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~

 

 

 

不動産屋を経営していた、ナベさん。

 

いい出物があったことを、トモ代に伝えにきたのです。

 

「大して広かねぇが、母子2人にゃ十分だ」

 

「ぽん太辞めてよ、俺の世話になれよ」

 

娘の淳子も一緒に、面倒を見てくれるというナベさん。

 

その言葉に、トモ代は大喜びします。

 

「うれしい、ナベさん!」

 

これで、淳子にも楽をさせてあげられる。

 

大学にもやれる!

 

その日から、ナベさんはおおっぴらにトモ代の家に出入りするようになります。

 

逢引している間、外に出るよう言われる淳子。

 

母の相手には、奥さんがいる。

 

それを知った淳子は、大きなショックを受けるのですが、浮かれたトモ代はそんなことには気がつきません。

 

しかし、そんなある日。

 

いつものようにナベさんと抱き合うトモ代。

 

その最中、ナベさんの妻がトモ代の家に乗り込んできます。

 

「あんた、何よこの女はっ!」

 

「店の金まで持ち出して!」

 

トモ代に飛びかかり、胸ぐらを掴む妻。

 

もみ合いの最中、淳子がずぶ濡れになって帰ってきます。

 

しかしそんな娘の姿に目もくれず、ナベさんを追うトモ代。

 

淳子は1人、そんな母の背中を見送りました。

 

ナベさんは、自分と別れる気は無い。

 

それを確認し、ホッとして帰宅するトモ代。

 

帰り道、トモ代は男の子たちに囲まれている、淳子を見つけます。

 

なんと淳子は、たくさんの男の子に囲まれ、無理やり服を脱がされていました。

 

「パンパンの母ちゃんなんだからよ、娘だって裸見せんの平気だろ?」

 

「今度は兄貴たちにも見せてやれよ!」

 

スカートを脱がされ、涙を流す淳子。

 

それを見たトモ代は、怒り狂います。

 

「おまえらぁぁ!」

 

「ウチの娘に何してる!」

 

包丁を振りかざし、子供達に飛びかかるトモ代。

 

彼らを追い払ったあと、トモ代は、淳子の元に駆け寄ります。

 

しかし淳子は、そんな母を冷たい目で見下ろし、

 

あげく、トモ代が持っていた包丁で、切りかかってくるのです・・・

 

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」無料試し読みはこちらから

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」4話「ヨイトマケの唄」まとめ

ひめゆりの歌が聞こえるヨイトマケの唄

 

たった1人の娘を育てるため、体まで売り、働いていたトモ代。

 

しかし彼女の「仕事」は、娘の淳子を追い詰めていました。

 

母の仕事のせいで、「パンパンの娘」と呼ばれ、激しいイジメを受けていた淳子。

 

そんなことはつゆ知らず、トモ代は「ナベさん」の愛人になる道を選ぼうとします。

 

だけどそのせいで、娘が自分を憎んでいることを知ったトモ代。

 

絶望の中、彼女は娘を思うあまり、ある決断を下すのです。

 

子供のためにと思ったことが、こんな風に裏目に出てしまうなんて。

 

全て母の愛情からきたことなので、読んでいてとても切なかったです。

 

淳子がイジメられていたことを知ったトモ代。

 

彼女が次に選んだ仕事は、日雇いの「ヨイトマケ」でした。

 

愛人になろうとした時も、ヨイトマケになってからも、娘のために、必死に働いたトモ代。

 

結末は、とても感動的です。

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」最後の短編にふさわしい、余韻の残る作品でした。

 

読んでよかった。

 

本当に、そう思います。

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」無料試し読みはこちらから

-ひめゆりの歌が聞こえる
-

Copyright© レディコミ大好き! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.